東京建物 Brillia(ブリリア)

東京建物120th

暮らしやすさと交通利便性を両立する草加で見つけた心満たす住まい

暮らしやすさと交通利便性を両立する草加で見つけた心満たす住まい。

このページは東京建物Brilliaくらしサイト「Brillia LIVES 〜Brilliaに住んで〜」から原稿を抜粋し掲載しております。

写真:お住まいの物件

Brillia 草加グランスイート

「大手町」駅まで直通26分と、都心までスムーズにアクセスする東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)急行停車駅「草加」駅。ここから徒歩7分の地に佇む〈Brillia 草加グランスイート〉が、今回訪問したY様ご夫婦の新居です。(2014年分譲済)

新居選びのポイントは

以前は職場から近い中央区に住んでいたそうですが、将来のことを考えてマンションの購入を検討。その際、不動産関係の仕事をしているご主人がかねてから目を付けていた地が「郊外でありながら都心にアクセスしやすい」草加だったといいます。さらにBrilliaのテイストが気に入っていたことから「この物件はピンポイントで決めました」とご主人。一切迷いのないご主人の姿に最初は戸惑った奥様も、モデルルームを訪れて納得し、購入に至りました。

お部屋選びでは、抜けるような景色が望める上層階にこだわり、和室を洋室に変更したり、リビング・ダイニングの傍にデスクを備えたコミュニケーションライブラリーを設置するなど、ライフスタイルに合わせた住空間にアレンジ。そこにご夫婦で少しずつ買い集めたお気に入りの家具や雑貨を並べ、心地よい寛ぎの時間を過ごされています。草加に住むのは初めてというお2人にとって、街探検も楽しみのひとつ。松並木が美しい草加松原遊歩道を散策したり、マンションのレンタサイクルを利用してショッピングに出かけたり、住みやすさを実感しつつ、新しい地での暮らしを満喫しているご様子でした。

お気に入りのポイント

たっぷりの陽光が降り注ぐリビング・ダイニング。この場所が好きで、食事もここでいただくことが多いそうです。

空に近いバルコニーは、ハーブを育てながら、ワイン片手に寛ぎの時間を過ごすなど、アウトドアリビングとして利用できます。

衣類収納に便利なウォークインクロゼットを備えた寝室。ブラウンを基調とした心休まる空間です。

収納たっぷりの洗面室には、下着や部屋着も収納し、「仕事から帰ってシャワーを浴びた後、着替えも済ませられて便利」とご主人。

シンク上の吊り戸棚を取り払い、リビング・ダイニングを見渡せるキッチン。お気に入りはディスポーザーで、「リビングににおいがこもらないのが嬉しい」と奥様。

デスクに向かう時間も家族と過ごせるコミュニケーションライブラリー。将来は、子どもの勉強スペースとして使いたいとのこと。

LIVES POINT

眺める瞬間、自然との一体感をえられるというご夫婦。この心地よさを体感するため、カーテンも光が透けるリネン生地にこだわりました。

このページの先頭へ戻る