東京建物 Brillia(ブリリア)

東京建物120th

都心の真ん中で、仕事も趣味も自分流で楽しむ暮らし

二人が思い描いていた未来予想図。
それは、心にゆとりをくれる穏やかな日常。

このページは東京建物Brilliaくらしサイト「Brillia LIVES 〜Brilliaに住んで〜」から原稿を抜粋し掲載しております。

写真:今回お話を伺ったKさん

Kさんご家族

結婚1年半のKさんご夫婦。「家族を含めた将来設計をずっと考えていた」という堅実なお二人らしく、インテリアも少しずつ調えている最中とのこと。桜の木で作った一枚板のダイニングテーブルは、自然や緑をテーマにした安らぎの住まいにぴったりの、経年変化を楽しめる逸品です。

写真:お住まいの物件

Brillia City 石神井台

今回訪問したのは「上石神井」駅から徒歩10分、閑静な住宅街に佇む<Brillia City 石神井台>Kさん邸。

新居選びのポイントは

淡いグリーンのカーテンやラグでインテリアを統一した、しっくりと落ち着くお住まい。リビングでは窓からの眺望を楽しみながら、毎朝ご主人が作る特製スムージーを味わうのが日課という素敵なご夫婦です。そんなお二人が新居選びに挙げたポイントは「交通の便の良さ」「快適な生活環境」「価格帯」の3点。「私の祖母が近くに住んでいたので、実は子どもの頃からなじみの街だったんです。でも、まさか自分がこの街に住むとは思っていませんでした。新居を探す際に重要だったのは、利便性と自然豊かで子育てにもよい落ち着いた環境であること。西武線沿線だと都内でも比較的コストを抑えられるので、自分たちに合った住まいを選ぶことができて満足しています」とご主人。また奥様も「ここは教育環境も整っていますし、将来を考えると最良の選択だったと思います」と笑顔。そして、何より大きかったのはスタッフの対応だったと言います。「担当してくださった営業の方の説明がとにかく明確でした。うれしかったのは、私たちが求めているものが何なのかを短時間で把握し、メリットだけでなくデメリットもきちんと説明してくれたこと。それが一番の決め手だったかもしれません」。一方奥様も「収納が多くて、生活しやすい。家族が増えたときの暮らしが目に浮かぶようなお部屋でした。身の丈に合った、自分たちらしい暮らしが営めると感じましたね」と、微笑み合うお二人の姿が印象的でした。

お気に入りのポイント

食べることとお酒を楽しむのが共通の趣味というお二人。
共用施設内で受講できる「大人の家庭教師トライ」で、お料理やワインを勉強中。

これから増える家族のためにと選んだ3LDK。そのうちの1部屋は子ども部屋にと、現在インテリアを計画中なのだそう。

天気のいい日には富士山が眺められる広々としたバルコニーは、ウッドデッキ化を予定しているのだとか。

木目調で落ち着いた雰囲気の洗面室は「収納もたっぷりで、細かいものが片付けやすい」とご満悦。

仕事やネットサーフィンなど、一人で集中したいときに活用しているという0.7畳のコミュニケーションライブラリー。

お気に入りPOINT① 『ライブラリー』

共用の図書室を頻繁に活用しているという読書家のお二人。「通勤時間に読むための本を借りるのが目下の楽しみなんです」と奥様。

お気に入りPOINT② 『似顔絵』

棚に飾られたたくさんの似顔絵。「外出先で描いてもらったり、結婚式でも描いてもらいました」と見せてくれた作品の中には動物の姿をしたユニークなものも。

お気に入りPOINT③ 『石神井公園』

最近では自転車で遠出することも増えたというお二人。近くの石神井公園はサイクリングにも最適。時には吉祥寺まで出てショッピングや食事を楽しんでいます。

このページの先頭へ戻る