~ご契約者様だけの特別な体験~
建築現場見学会

Brilliaで実施されている「建築現場見学会」についてご紹介いたします。

建築現場見学会

建築現場見学会の流れ 建物は下階から躯体形成・仕上げを先行するため、ご契約者様にご自身で建物の中をチェックいただける唯一の機会です。上階から下階へと施工状況を見ていきます。

1.工事経過・注意事項を説明

建設現場内の作業所で実際のスライド写真を使いながら、地盤に建物を固定するための杭工事や鉄筋コンクリートの鉄筋の組み方・コンクリートの施工など、構造体が完成するまでの過程をご説明します。その後、当日の見学の流れや注意事項等の説明が終わったら、いよいよ建物内に入っていきます。

事前説明の様子.jpg

建築の進捗状況をW E B で確認

竣工前6ヶ月間はブリリアオーナーズクラブ専用サイト内に設置される「入居前情報サイト」で工事の進捗状況を確認することができます。構造体の工事経過を写真で確認したり、工事過程の要所で、何度も公的検査を受けていることも確認できて安心度が高まります。

2.内装工事前の配管や断熱材をチェック

構造体が完成した部屋の中に排気管や給排水管、電気配線等が設置され、ガラスサッシュとユニットバスが取り付けられた状態です。排水管には遮音性への配慮で遮音シート等を巻いてあります。ユニットバスは内装の間仕切り工事が進むと部屋内に搬入できなくなってしまうので、最初に設置します。

内装.jpg

断熱材の厚さをピンで刺してチェック

ピンク色の発泡硬質ウレタンフォームを霧状にして、一定の厚さになるように吹付けた断熱工事。色付きのピンの長さは必要な断熱材の厚さになっており、実際に刺してみて厚さを確認することができます。継ぎ目がなく、隙間ができないため、気密性に優れた素材です。

排水管には遮音性に配慮した工夫

排水管が各住戸の中を通過しているのはマンションならでは。間取り図に「PS(パイプシャフト)」と書かれている部分です。上階からの排水はここを通り抜けて地下の下水管へと排水されます。その騒音を軽減するために縦管にグラスウールという吸音材や遮音シートを巻いて遮音性を高めています。

3.壁や天井の骨組みが見られます

住戸内の間仕切り壁や二重天井の骨組みは「軽量鉄骨」と呼ばれる中が空洞の金属の筒で組まれています。また、トイレの手摺りやエアコンを設置する壁面の内部には木材や金属板の下地補強材が貼られているのもご確認いただけます。
軽量鉄骨の間に照明のスイッチボックスなどが入っているのも見て取れますよ。

内装壁.jpg

4.壁や床の内装

下層階に移るにつれ、工事の進捗が見えます。壁や床の下地材に使われている石こうボードは防火性や防音性に優れており、温度や湿度による伸縮が少ないため壁や天井の下地に適しています。天井は二重天井になっており、電気配線や空調配管、ダウンライトなども設置されています。箱型収納ボックスを壁に埋め込む「システム収納」も見どころです。

5.内装工事の仕上げ

下地材の上に壁紙が丁寧に貼られていきます。壁紙の継ぎ目をいかに目立たせないかが職人さんの腕の見せ所です。また、天井に丸く開いていた穴には照明用の引っ掛け器具が設置されています。床暖房が設置される部分はフローリングの下に温水マットを敷くので少し低くなっているところも、ここでしか見られないポイントです。

内装設備.jpg

壁紙の継ぎ目って、気にしたことありますか?

壁紙のロール幅は通常約90センチ。天井から巾木まで上下に貼っていき、約90センチごとにつないでいきます。この継ぎ目部分を目立たないように貼るのに職人の技術が試されます。

床の仕組みも実物を見て確認

マンションの床や天井はスラブと呼ばれるコンクリートの板で作られています。スラブと床の間に空間を設けて二重構造にしているのが二重床。給水管やガス管を、ここに通します。部材を使ってより分かりやすく説明します。

6.サンプル部材のご説明

サンプルコーナーでも実際の建築部材をお手に取ってご確認いただけます。引張テストで引きちぎられた鉄筋は継手部分の強度が確保されていることが分かります。また、円柱形のコンクリートの試験材はコンクリートの強度が基準を満たしていることを証明します。

部材見本.jpg

使用方法に合わせた鉄筋の継手などサンプルも充実

構造体の強度を支える鉄筋の継手にも種類があります。長さが決まっている鉄筋を使用場所や目的に応じて機械式やガス圧接式などの方法でつなぎ合わせています。サンプルコーナーにご用意していますので、実際に持ってみることで、その強度を実感することができます。