東京未来建物会議 Listen

コラム

VOL.7

カスタマイズする暮らし

“DIY”という言葉をご存知でしょうか?Do it yourself=「業者や専門家に託さず、自分自身でより快適な住まいと暮らしを作ること」。最近注目されている、住まいにまつわるトピックスです。材料の調達や作り方の共有が便利になったことで徐々に広く浸透していき、確実に支持を集め初めている”DIY“。また、自分好みの空間を作り上げられるリノベーションできる物件も人気を集めています。今回のLISTENコラムでは、「カスタマイズのある暮らし」について考えてみましょう。

「日曜大工」と聞けば、イメージが湧くかもしれません。休日に庭先で、お父さんがベニヤで使って何かを作っています。四苦八苦しながらも、1枚のベニヤが少しずつ形を成していく様子は、端から見ているだけでもウキウキするもの。棚やテーブルといった家具や日用品が完成した暁には、工具を片手に汗を流していたお父さんもうれしそうな表情を見せていたに違いありません。現在注目されている“DIY”の精神は、私たちの根底にある想像力に基づいたものなのです。

自分にとって快適な暮らしは、きっと自分が一番よく知っている。ならば、自分の手を動かして快適な暮らしを作り上げてみたい。でも、何からスタートすれば良いのでしょう。次の週末に出来上がるような手軽なものから、業者に発注する本格的なリノベーションまで、ステップ毎に、暮らしのカスタマイズについて考えてみましょう。

STEP1 部屋の細部から、自分好みにカスタマイズ。

最初の一歩として、部屋の細部からカスタマイズしてみましょう。恵比寿にある〈P.F.S.PARTS CENTER〉(東京都渋谷区恵比寿南1-17-5 TEL 03.3719.8935)は、ノブやフック、扉の取っ手まで、輸入パーツを幅広く取り扱う専門店。細部まで自分好みにしていくことで、部屋全体の雰囲気に統一感が出るはずです。また、ちょっとした棚やテーブルは、ホームセンターなどで材料を買ってきてお休みの日に自分で作ってみるのも面白いでしょう。太陽の光の下で日曜大工。新たな趣味となってしまうかも!?サイズはもちろん、色やデザインまで自分好みの家具で部屋を彩ってみてください。

STEP2 部屋の大きな部分をカスタマイズ。

自分の部屋をもっと自分らしくするための近道は、部屋を占有している面積が大きいものに変化を付けること。水性で、シンナーのようなきつい匂いのしない、美しい色が特徴の〈ポーターズペイント〉で壁を好きな色にしてみてはいかがでしょうか。〈ポーターズペイント〉は、目の細かい大理石の粉末や石灰が含まれたテクスチャーを選ぶことができ、壁に陰影や柔らかい風合いを生みだします。また畳の床でも、敷くだけの手軽なタイル形の床材を使えば、おしゃれなフローリングに。壁紙や床材などをカスタマイズすれば、それだけでガラっと印象が変わります。

ポーターズペイント:http://porters-paints.com/

STEP3 決められた枠組みから離れて、部屋を拡張。

■部屋の拡張例・・・リビングから続く和室部分をリビングと一体の洋室に。
お住まいの物件がリノベーション可能であれば、もっと大胆なカスタマイズにもチャレンジしてみてほしいところ。構造躯体を残して天井を抜けば、天井が高くなり、海外の住まいのような広々とした印象に。二つの部屋の間の壁を抜けば、大空間が誕生します。概ねのデザインや予算を決めたら、マンションのリノベーション、リフォームを請け負う専門の業者に相談してみましょう。物件の条件と相談しながら、自分だけの空間を創造してください。

暮らしをどう「カスタマイズ」するかを考えることは“理想の暮らし”を具体的に思い描くこと。少し手を動かしてみたくなったのではないでしょうか。あなたの暮らしを「カスタマイズ」していくならば、何から始めてみますか。

コラム

より良い暮らしのヒントを探すLISTENのコラムをご案内します。