• トップページ > プロジェクトノート > Note_041「オーナーの声を聴く⑧ ~ブリリア浦和仲町~」

Project NoteProject Note

Bloomoiプロジェクトの活動内容や方針などのプロセスを順次ご紹介していきます。

  1. 働く女性のインサイトを知る
  2. 働く女性の幸せな生き方を想う
  3. 働く女性が咲き誇る暮らしを創る
  4. 働く女性が提案するために動く

Note_041「オーナーの声を聴く⑧ ~ブリリア浦和仲町~」

マンションの商品企画としてブルーモワが参画した「ブリリア浦和仲町」。浦和駅から歩いて4分という立地に、“自分にぴったり”を選べるキッチンや、光と風のパッシブデザインの採用など、様々な試みを実施しました。今回、ご購入いただき入居を心待ちにされているIさんご夫妻にお話しを伺いました。

ご夫婦ともに不動産業界。プロの視線でチェック

Iさんご夫妻は結婚後、世田谷の賃貸マンションに住みながら、いずれマイホームを購入したいと考えていたそうです。「私の実家が埼玉県なので、仕事を続けながら子育てするには同じ埼玉県でと考えていました。中でも教育環境を考えて浦和に住みたいと考えていました」と妻のMさん。
実はご夫妻ともに不動産業界に勤務。とくに夫のAさんは新築マンションに関わる企業にお勤めしているだけに、プロの視点でマイホームを検討されたようです。

「実は、ここは以前から興味をもっていた場所でした。駅から近いマンション立地は希少、加えて教育環境も良いエリアなので、どこの会社が分譲するのかずっと気になっていました。東京建物と聞いて、ライバル企業ながら信頼性は高く、それならぜひ購入したいと考えました」

マンションギャラリーで、女性視点の住みやすさに納得

まず立地ありきで選んだご夫妻ですが、マンションギャラリーに足を運んでみて、さらに満足されたことがあるそうです。「とにかく選択肢の多さに驚きました。インテリアのカラーからキッチンや浴室のタイプ、随所にたくさんのセレクトができて、より『マイホーム』を購入した満足感が得られました」

「収納の工夫にも感心ました。通常デッドスペースになってしまいそうな冷蔵庫の上など、細かく考えられた収納スペースが便利そうだと思いました。弊社でも女性視点の工夫は取り入れているつもりですが、ここまで細部に心配りがあるのは驚きました」と夫。

「私は洗面室の鏡が気に入りました。朝忙しい時間にメイクアップまで洗面室で済ませられると、時短に役立ちます」。これから仕事と子育てを両立したいと考えるご夫妻にとって、女性視点での工夫が見られるブルーモワの商品企画に賛同いただけたようです。

風通しを考えたパッシブデザイン採用の工夫

選んだお住まいは2LDKのBタイプ、セレクト1タイプにオプションでウォールドアを設置しました。

「今の自分たちに必要な広さを考えました。リビングダイニングと洋室が一体利用できるタイプを選択。子どもが小さいうちは1つの空間として広く利用して、将来は個室として利用できるので使い方が広がりますね」

「子どもとの距離感がちょうどいい広さだと思っています。また全戸が南向きというのも気に入りました。最初に住んでいた賃貸が東向きであまり開放感が感じられなかったんです。玄関に風が通るウインドウがあったり、リビングドアを閉めていても風が通る工夫があるのもポイントでした。エアコンに頼らずに自然な空気の流れを愉しめる住まいになりそうです」

不動産のプロのご夫妻は、家族がさらに増えた場合など、いずれはより大きな住戸への住み替えも視野に入れているそうです。「この場所で、この仕様の住まいなら、将来、買換えたり、賃貸に出すにしてもニーズはあると考えています。資産価値の観点からもいい選択だと思っています」と答えてくれました。

facebookfacebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.