• トップページ > lifestyleデータ > Data_012「2017年WEBアンケート報告」

Lifestyle Data

Data_010 2016年WEBアンケート報告

Bloomoiでは、さまざまな立場の方を対象に住まいや暮らし、ライフスタイルに関わるデータを集め、商品開発に反映しています。今回は昨年末に実施した調査データをご紹介します。

調査概要:時期2018年1月24日(火)~2018年2月25日(土) /有効回答数994件

住まい全体について

住まい全体における不満がある場所について、前年同様に上位から収納が32.8%、キッチンが30.8%、お風呂が24.9%、リビングが24.7%の順になった。収納に関する不満は常にトップに挙げられる。

住まいにおける不満な場所は?

【リビング】(夫婦のみ世帯)
コンセントが高い位置にあるため、TVボードなど低い家具をおくと見えてしまう
【リビング】(夫婦&子ども世帯)
来客時にどうしても見られてしまう場所なのでキレイにしておきたいが収納が足りない
【キッチン】(夫婦のみ世帯)
ディスポーザーの掃除が難しい
【キッチン】(夫婦のみ世帯)
食器が好きでたくさんあるので、うまく収納できるようになりたい
【お風呂】(夫婦のみ世帯)
お風呂でTVを観れたり音楽が流れるなどリラックスできる空間にしてほしい
【玄関】(夫婦&子ども世帯)
お友達を呼んだときに混雑したり、大きな荷物を持ち帰ると狭く感じる

インテリアについて

好きなインテリアのテイストは前回調査と同様に「シンプル>ナチュラル>北欧」の順に。性別で比較すると「フレンチ」の女性支持率が高い。また「インテリアにこだわりがない」のポイント数が減っていることから、こだわりたい方が増えている見方もできる。「家具をあまり置かない」傾向は例年高く、30%以上の方が支持している。

自宅のインテリアについて、こだわっている点は?

VOICE
【収納】(夫婦のみ世帯)
収納が分散しているため、家の中をうろうろとしてしまう
【収納】(単身者世帯)
収納スペースを多くしたため、部屋が殺風景になってしまった
【収納】(夫婦&子ども世帯)
床にモノを置きたくないが、どうしても一時的に置いてしまう
【統一感がない・まとまりがない】(夫婦&子ども世帯)
子どものモノが混在するため、まとまりがない

マンションの共用部・施設・コミュニティなどでほしいもの

前回調査と同様「宅配スペース」が39.7%と最も多く、次いで「ゲストルーム」「ラウンジ」「フィットネス」の順となった。

マンションの共用部にあったらいいなと思うものは?

1.住民間のコミュニティ

傾向はあまり変化がなく「入居開始時などに交流の機会を持ち、まずは住民同士の顔がわかるような関係性を作れればよい」が44.8%、「特に交流は必要ない」が36.1%、「住民同士交流の機会を定期的に持ち、積極的に交流を図りたい」が17.9%となっている。交流のニーズも多様で、それぞれを尊重するような関係性づくりを求めているようだ。

マンションの住空間の交流について(自由回答)

2.共用部、施設

施設においては、「コンビニ」が40.9%、「ミニスーパー」が26.2%、「ドラッグストア」が24.4%、「カフェ」が24.2%と、日々の生活の利便性をあげるものへの支持が高い。

3.入居者同士でシェアしたいもの

「自転車の空気入れ」が55.2%、「脚立や台車・シュレッダーなどの備品」が47.3%と、たまに使う程度だけれど無くてはならないものへのシェアや、「自転車」が26.5%、「車」が23.6%とシェアサイクル・カーへのニーズも高まっている。

家での時間の使い方

今回は「家族とのコミュニケーションを図る」が最も高く44.5%、ついで前回1位の「お茶を飲みながらリラックスする」が39.4%となった。また一方でやりたくないことに関して、「掃除」が54.4%、「料理の準備・片づけ」が44.9%、「洗濯」が35.1%となった。性別で比較すると女性のほうが「料理の準備・片づけ」「食料品などの買い物」の項目において、男性よりも10ポイント以上高くなっている。

時間が空いたときにしたいこと(複数回答)

また理想とするライフスタイルについては「オンオフで時間の流れ方が変わるような生活」が最も高く39.9%、なかでも夫婦のみ世帯は42.3%と高い傾向がある。次いで「自分で自分の時間をコントロールできるマイペースな生活」が33.6%となった。

メイクについて

1.メイクをしている場所

「洗面化粧台」が50.1%と最も高い。過半数を超えている結果になった。次いで「リビングテーブル付近」が17.4%、「鏡台」が12.6%となった。

2.具体的なメイク時の様子(メイクをする人のみ)

「洗面化粧台の鏡裏収納」が38.2%と最も多く、次いで「洗面化粧台の下」が20.3%と、洗面化粧台周りに置いている人が約6割を占めた。前回調査と比べ「洗面化粧台の下」の割合がやや減少している。

洗面化粧台周りに欲しい設備・仕様

3.メイクに関する悩みやストレス

■広さについて
脱衣スペースの狭さ(子どもと一緒にお風呂に入った後など、複数人では使いづらい)、座れる場所が欲しい、脱いだモノや着替え、洗濯用小物を置くスペースが欲しい。
■収納について
洗面台下や鏡裏収納が効率的に使えるようにして欲しいとの意見や、ドライヤーや美容家電など個別のものが収納できるスペースが欲しい。

調査・2018年1-2月実施 Brillia Club・Brillia オーナーズクラブ994名インターネット調査(Bloomoi調べ)

facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.