東京建物 Brillia(ブリリア)

東京建物120th

上野界隈の下町情緒と都心の利便性が忙しい毎日にゆとりをもたらす。

上野界隈の下町情緒と都心の利便性が忙しい毎日にゆとりをもたらす。

このページは東京建物Brilliaくらしサイト「Brillia LIVES 〜Brilliaに住んで〜」から原稿を抜粋し掲載しております。

写真:今回お話を伺ったKさん

Fさん

港区に本社を置く大手美容関連会社に勤務するキャリアウーマン。多忙な日々ですが、掃除や整頓は欠かさず、この日もすっきり清潔感のある空間にお迎えいただきました。出張や旅行で日本各地はもちろん、海外を飛び回ることも多いため、交通利便性も重要だったそう。

写真:お住まいの物件

Brillia 上野 The Residence

東京メトロ銀座線「稲荷町」駅から徒歩3分、JR山手線「上野」駅から徒歩8分。観光地として有名な浅草寺を生活圏に収め、都市の利便性と寺町風情が共存する地に佇む<Brillia 上野 The Residence>(2017年分譲済)

新居選びのポイントは

通勤はもちろん、出張や旅行、ショッピングにも気軽に行ける交通利便性、人の営みが感じられる街の活気に住み心地のよさを感じていたと言います。「路線の違う4駅が徒歩圏なので、出かける場所によって使い分けられるのは本当に便利です」。新居探しを始めるきっかけとなったのは、賃貸契約の更新のタイミング。マンションの購入も視野に新居探しを始めたところ、現在のお住まいに出合いました。「ほかのエリアの物件もいくつか見ましたが、やはりこの空気感はほかにはない」と感じ、再びこの街に住むことを決められたそうです。内廊下仕様でプライバシー性が高く、全戸角住戸で開放感が味わえるところや、使い勝手のよい間取りも決め手となったとのこと。新居に住み始めて半年あまり、家具や家電も一通りそろい、暮らしも落ち着きつつあるというF様。カーテンやクッションカバーなどのファブリック類には、あたたかみのある色合いや素材を選び、季節に合わせてインテリアコーディネートを楽しまれているそう。休日には、大好きな物に囲まれたお部屋でくつろいだり、近隣の美術館や公園に足を運んだり、充実した毎日を過ごされています。

お気に入りのポイント

カップボードや食器洗浄乾燥機も標準装備で、「片付けが格段にラクになりました」。キッチンカウンターに忍ばせたサポートテーブルを引き出せば作業スペースも広がります。

ふだんはあまり使っていない洋室にベッドを置いて、家族や友人が泊まりに来たときに活用しています。

広々とした玄関に、たっぷり収納できるシューズクロゼット。「扉を開けても部屋の中が丸見えにならない間取りが気に入っています」

上置き型の洗面ボウルがおしゃれなパウダールーム。三面鏡裏、カウンター下、壁面、吊り戸棚と収納スペースも豊富に備えています。

大きくてフワフワした肌触りのベッド。一日の疲れを癒やすくつろぎの時間を彷彿させます。

お気に入りPOINT① 『ガラスのオブジェ』

玄関に飾っているのは、実家のある山口県で工房を構える、お気に入りのガラス作家の作品。新居祝いにお母様から贈ってもらった大切なものです。

お気に入りPOINT② 『サイドテーブル』

「ソファでくつろぎながらビールを飲む時間が好き」というF様。手元まで引き寄せられるサイドテーブルは、読書の際やちょっとした物を置くにも便利で重宝しているそう。

お気に入りPOINT③ 『近隣散策』

上野駅周辺の美術館や浅草寺、合羽橋など、周辺には見どころも満載。「先日は地方から遊びに来た友人を観光案内して、食品サンプルづくりを楽しみました」

このページの先頭へ戻る