東京建物 Brillia(ブリリア)

東京建物120th

都心の真ん中で、仕事も趣味も自分流で楽しむ暮らし

「中央区アドレス」だから満喫できる自分流のスタイル。
資産性を考えながら、人生を楽しむ場所としてもベストな選択です。

このページはリクルートスーモ「ききみみプロジェクト」から原稿を抜粋し掲載しております。
(2017年5月取材時の内容となっております。)

写真:今回お話を伺ったKさん

今回お話を伺ったご家庭
Kさん

仕事にも趣味にもアクティブに取り組むKさん。都心に暮らすということが、彼女の快適なシングルライフをサポートしてくれているそうです。

写真:お住まいの物件

お住まいの物件
Brillia THE RESIDENCE 東京八重洲アベニュー

東京駅の八重洲口から大通りをまっすぐ歩いて15分、地下鉄の八丁堀駅なら徒歩3分というまさに都心の中心にあるマンション。JRをはじめ、さまざまな地下鉄も活用できる大変利便性の高い立地です。(2016年分譲済)

マイホームの購入も「投資」という視点で考えていました

東京駅から歩けるという、まさに都心のど真ん中にあるマンションに住んでいるKさん、まずこのマンションを選んだ理由について伺いました。「実は10年位前からマンションを買いたいと思っていましたが、当時買いたいと思った物件を買い逃してから、なかなか気に入ったマンションに出会えませんでした」とKさん。マイホームを購入するなら、資産性を考えて「都心」に購入することにこだわっていたそうです。「マイホームも不動産という資産のひとつ、投資という観点から物件選びをしていました。以前住んでいた横浜市内の物件等も検討したんですが、この物件と価格がそう変わらないことに気付いたんです。最終的には中央区アドレスが決め手になりました」。
さらに購入するまでに、日中だけではなく夜間や休日、雨の日など、時間やシチュエーションを変えて何度も足を運び、ミクロな立地や環境などの居住性についても確認したそうです。

55m2なのに南向き角住戸という好条件もポイント

住宅ローンの控除や、住宅の取得に関する税率軽減の特例を受けるためにも、壁芯55m2(内法50m2)以上の住戸が欲しいと思っていたKさん。「その点でもこの物件は私の希望にぴったりでした。しかも他の物件は70m2以上のような広い住戸が優先的に建物内で配置され、50m2台のような比較的コンパクトな住戸は、北向きや狭いスパンが多くて、魅力的な間取りを見つけることが困難でした」。
現在のお住まいは南東向きの角住戸、しかも55m2という理想的な間取りだそうです。

写真:55m2なのに南向き角住戸という好条件もポイント

すべて作り付けでオプションの必要がなかったのもポイント

設備や仕様が充実していたのも満足だそうです。「モデルルームの高級感も気に入りました。収納などもオプションではなく、最初からついていたので、家具を買いそろえる必要がほとんどなかったのもポイントでした」。他の物件ではオプション仕様が多く、販売価格より高くなりがちでしたが、この物件ではモデルルームとほぼ同じ仕様が販売価格になっていたのも安心でした。「担当の方に『ベッドだけ持ってくればいいですよ』と言われたのを覚えています(笑)」

信頼できた営業担当の的確なアドバイス

数多くの物件を検討してきたKさんですが、物件の魅力だけではなく担当の営業への信頼も大きかったそうです。「他にもいくつか物件を検討していたのですが、行くたびに言うことが違うところもありました。この物件は資料もきちんと用意されていましたし、私が購入するにあたってのサポートもしっかりしてくれていました」。
新しい勤務先に変わったばかりで、融資が難しそうだという相談も一緒になって考えてくれたそうです。「やはり財務系の知識があって、きちんと相談できるというのが信頼につながりました」とKさん。

1か月常駐して設備の使い方を教えてくれました

写真:1か月常駐して設備の使い方を教えてくれました

マンションを購入した際にたくさんのマニュアルを渡されますが、なかなか全部に目を通すのは大変なことです。「約1か月間、女性のスタッフが2人常駐してくれて、セキュリティシステムや宅配ボックスの使い方など、分からないことがあると教えてくれたんですが、とても有難かったです。引っ越しのときは忙しいので特に助かりました」とKさん。おかげで新生活がスムーズにスタートできたそうです。

入居前のイベントでほかの住民とも交流

入居してまだ1年もたっていないのに、Kさんのお話からマンション内の住人の方としっかりコミュニケーションがとられていると感じました。「実は入居前から、購入者を集めたイベントを開催してくれていたんです。単身者ってなかなか他の住民の方とお知り合いになれるチャンスが少ないのですが、このマンションでは自然とお知り合いが増えました」。レクリエーションのようなイベントはもちろん、建築現場見学会は通常では見られない工事途中の状態も確認できて、建物や売主に対する信頼が高まったそうです。

会社からの帰り道もいろいろなルートがあって楽しんでいます

「勤務先は日本橋なんです。自宅が近いので生活にゆとりが出来ました。休日はもちろん平日の仕事帰りにも食事に行ったり、空中ヨガを習いに行ったり、日々が充実しています」。
毎日同じことをするのがつまらないと思うタイプだというKさん。帰り道のルートも日によって変えて楽しんでいるそうです。「定期券があるので電車や地下鉄を利用することもありますが、バスもいろいろあって面白いんです。中央区にはコミュニティバスの『江戸バス』や日本橋・京橋・八重洲地区を無料で巡回している『メトロリンク日本橋』などが運行しているので、さまざまなルートを活用していろいろなところにも出かけられます」と話すKさん。毎日さまざまな街の表情を楽しんでいるようです。

花火のシーズンには隅田川の花火が見られるのでは、と期待しています。

ここは都心の真ん中ですが、マンションの周辺には数々の公園や川があり、緑や水辺といった自然が身近にあることも嬉しいポイント。「まだ花火のシーズンは体験していませんが、きっとマンションから見えるんじゃないかと期待しています。隅田川の川沿いの道も近いので、散歩をする場所にも事欠きません」と話すKさん。中でもお気に入りは10分ほど歩いたところにある中央大橋周辺。「隅田川沿いを風が抜けていくので、とても心地よいです。スカイツリーもきれいに見えるんですよ」とのこと。 国内外へ旅行することも多いKさん。東京駅はもちろんのこと羽田空港や成田空港へのアクセスも良いのでも今まで以上に気軽に出かけられるそうです。「ゴールデンウィークにはイランに旅行しました。ここに住んでいると、本当にフットワークが軽くなって行動範囲が広がります」と大満足のご様子です。

じごくみみ ちょっぴり聞きづらい事に、ききみみを立てました。暮らしの中でのどんな不満点や改善してほしい点とはいったい?

「Brillia オーナーズクラブ」の特典を利用して「おふろの王様」をよく利用しています。イベントにも、もっと参加したいので今後の展開に期待しています。お料理教室などがあれば行ってみたいですね。また景気の動向や購入したマンションの評価価格、賃貸に出した場合の賃料などを教えてくれるような「マネー情報」に関したイベントも興味があります。今後、ライフスタイルの変化があった場合などの参考にしたいですね。やはり大切な資産ですから、購入後もちゃんとチェックしていきたいですし、そういった部分でのサポートがあると嬉しいです。

東京建物の担当者からオーナー様へ

写真:東京建物不動産販売 戸張

営業で担当させていただきました佐々木です。入居後の生活に満足されているご様子、大変嬉しく思います。当時は仕事後の貴重なお時間を割いて下さり恐縮しておりましたが、今回当時のお話を承り、改めてこの仕事に対する思いが少しずつ形になってきたかと思うと感無量です。Brilliaオーナーズクラブのイベントにもご興味をいただきありがとうございます。これからも住まわれて感じられたことなどお役に立てる事があれば精一杯努めたいと思っております。立地評価も併せ、K様がブリリアを選んで良かったと何年先にも感じて頂けると幸いでございます。(東京建物/佐々木)

Brillia 中古マンションカタログ Brillia THE RESIDENCE tokyo yaesu avenue

買い替え・ご売却をお考えの方

このページの先頭へ戻る