東京建物 Brillia(ブリリア)

東京建物120th

「都心・千代田区」でありながら、駅徒歩2分という快適な生活。

日本橋や上野・浅草などが徒歩圏にありながら、意外に暮らしやすい街。
以前から浅草橋に住んでいたからこそ立地の価値がわかります。

このページはリクルートスーモ「ききみみプロジェクト」から原稿を抜粋し掲載しております。
(2017年4月取材時の内容となっております。)

写真:今回お話を伺ったご家庭

今回お話を伺ったご家庭
Sさん(40代)

浅草橋にはすでに12年以上居住経験のあるSさん。会社員として忙しい暮らしを送りながら、快適な都心暮らしを満喫されています。

写真:お住まいの物件

お住まいの物件
Brillia 千代田左衛門橋

JR総武線と都営浅草線が利用できる「浅草橋駅」から歩いて2分、さらにJR山手線や東京メトロ日比谷線など多数の路線が利用できる「秋葉原駅」も歩いて9分という優れた利便性が魅力のマンションです。問屋街の活気に加え、情緒ある景観が人気を集める立地です。(2015年分譲済)

すでに12年以上、快適さが気に入って住んでいた浅草橋

男性の1人暮らしとは思えないほど、きちんと片づけられたSさん邸。ゆったりとしたリビングダイニングで、はじめにこのマンションを選ばれた理由について聞いてみました。「12年位前から、駅の反対方向ですが浅草橋の駅の近くにある賃貸マンションに住んでいました。通勤に便利ですし、暮らしやすいので、この近くでずっと暮らしたいと思っていました」と話すSさん。この街に暮らす前は同じ総武線の市川に住んでいて、当初は錦糸町方面を探していたそう。そんな中、駅近ということで賃貸物件を紹介され、浅草橋に住むことを決めたそうですが、住み始める前は不安もあったようです。「正直、来たこともない知らない街で、ちゃんと暮らしていけるのだろうかと思いました。でも実際暮らしてみるとスーパーやコンビニ、飲食店もいっぱい揃っていて、思っていたよりずっと暮らしやすいのに驚きました」

陽当たりを一緒に考えてくれたベテランの営業担当

周囲でマイホームを購入する知人が増えてきたことや街が気に入っていたこともあり、機会があれば自分もこの街にマイホームを買いたいなと思っていた頃に出会ったのが〈Brillia 千代田左衛門橋〉。「その頃、ちょうど近所にマンションができることを知りました。以前の住まいも駅から歩いてすぐの場所だったので、駅から近いというのがポイントでした。第一期の登録締切が迫っていることに新聞広告で気づいたのですが、すぐにモデルルームを見に行きました」とSさん。ほとんど衝動買いに近かったそうです。

  • ※2017年4月現在

はじめてマンションを買うのに不安はなかったでしょうか。「営業担当の方がベテランの女性で、ずいぶんサポートしてもらいました。こちらの要望にもフレキシブルに対応してもらいました」陽当たりに関する質問や、その他の細かな質問についても、納得いくまで丁寧に答えてくれたそうです。

会社で忘れ物に気づいてから取りに戻っても間に合う安心感

丸の内が勤務先のSさん。最近、会社に着いてから忘れ物に気づいて、慌てて自宅に取りに帰ったことがあるそうです。「それでも余裕を持って仕事に間に合いました。通勤時間が15分という利便性は何物にも代えがたいですね」とのこと。そのアクセスの良さから同僚も気軽に遊びにきてくれるようです。 現在、地方に住んでいるご両親も寝具を購入して送ってきたそうです。「この家を拠点にして、東京を満喫しようと目論んでいるようですよ(笑)」

フレキシブルにつながるLDと洋室

間取りについてもお伺いしました。「贅沢を言えば、もっと広い部屋がよかったのですが、価格とのバランスで72m2の3LDKを選びました。一人暮らしにしては部屋数が多く、玄関近くの洋室は洗濯物を干すための部屋になっています(笑)」とSさん。リビングに隣接した洋室にはPCデスクが配置されており、家で仕事をするときの書斎のようなスペースとして活用しているそうです。リビングとは引き戸でつながっているので、開けたままにすれば広い空間に変わります。将来的なことも考えて選んだ、可変性のある間取りに満足しているようです。

選べる設備とし仕様を活用して、90cmの高さのキッチンに

設備や仕様がいろいろなパターンから選べたのも満足している点だそうです。「キッチンの高さが選べたので90cmにしてみました。以前は調理の際に腰が痛かったのですが、ここではそんなことはありませんね。手元が隠れるカウンターも洗剤やスポンジが隠れるので気に入っています」とSさん。 室内のインテリアも3つのタイプから一番落ち着いた色調を選んだそうです。

写真:最初の物件購入時から知っていたBrilliaマイスターに買い替えを相談

「無料のオプションからは2つ選択することができました。食洗機とダウンライトを選択しましたが、実は今のところあまり活用していません。一人暮らしなので食器をそんなに使わないため手で洗っちゃったほうが早く、食洗機が活躍する場面はなかなかありません。照明も別途設置した蛍光灯で十分で、ダウンライトと使い分けるほど器用でもないです。まぁ将来的に使うかもしれないですし、後から付けるとなると大変なので、これはこれで満足しています(笑)」と話してくれました。

住み心地に満足、管理人の方に恵まれました

以前の住まいは賃貸だったので、マンションの管理について考えることはなかったと話すSさん。「自分の持ち物だと思うと、多少見え方も変わってきますね。このマンションでは管理人の方がとてもきちんと管理してくれているので住み心地は満足しています。毎日通るエントランスホールといった共用部の清掃も丁寧で、いつもきれいにメンテナンスしてもらっているので、信頼感も高いですね」 まだ新しいマンションで住民同士の交流はあまりないそうですが、今後、顔見知りが徐々に増えていくことも期待できそうです。

隅田川の花火を見ることもできる屋上のデッキテラス

〈Brillia千代田左衛門橋〉は屋上にデッキテラスが設置されています。「普段はほとんど利用しませんが、友人が遊びに来た時には利用することもあります。都心の真ん中で解放感が味わえるのは嬉しいですね。都心ならではだと思うんですが、近くに建っているビルの陰になってスカイツリーが先っぽしか見えないのは、ご愛嬌ですね(笑)。でも隅田川の花火が見えるところなど、あらためていい立地だなと思いました」とSさん。 近くには神田川が流れ、昔ながらの情緒あふれる雰囲気が漂った落ち着いた環境が広がっています。マンションの前にある小さな公園には桜の木も植えられていて、都心にいながら四季を感じることもできるそうです。

  • 屋上テラス(2015年9月撮影)

休みの日には友人と自転車で出かけることも

Sさんの趣味は自転車で出かけること。「最近で、一番遠方まで出向いたのは田園調布です。片道2時間くらいかけて友人とサイクリングを楽しみました。ここは日本橋や浅草、上野にも近いので、自転車で出かけるのが楽しいですよ」とのこと。 駅から歩いて2分と便利なのに、意外に静かな環境だそうです。「これも暮らし始めてから知ったのですが、千代田区は福利厚生も充実していて、先日も無料の人間ドックを受けてきました。とても住み心地がいいなと感じています。」 休みの日には家や近所でのんびりと過ごすことが多いというSさん。街も住まいも、快適な環境に満足な様子です。

じごくみみ ちょっぴり聞きづらい事に、ききみみを立てました。暮らしの中でのどんな不満点や改善してほしい点とはいったい?

「Brillia オーナーズクラブ」については、なんとなく入居時に説明を受けて知ってはいたのですが、自分にはあまり関係ないかな…と思って気に留めていませんでした。しかし今回のインタビューの中でリゾートホテルの優待券など、使ってみたいなと思えるものがあることを初めて知りました。せっかくこういうサービスがあるのだから、もう少し声高に宣伝すれば良いのにな、と思います。

東京建物の担当者からオーナー様へ

イメージ

このたびはBrilliaオーナーズクラブのサービスについての貴重なご意見を頂戴し反省することしきりでございます。Brilliaオーナーズクラブでは、メールアドレスをご登録いただいているオーナー様に月2回お届けするメールマガジンで体験型イベントのご案内や新着特典・プレゼント募集なども行っておりますが、まだまだおトクなサービスを知っていただく機会が少ないと感じております。Brilliaくらしサイトではおトクな特典として“グルメ/ショッピング/レジャー・エンターテイメント/インテリア”などをご用意しておりますので、会報誌や特典ガイドとあわせてご覧になっていただければ大変嬉しく存じます。イベントへのご応募も是非お待ちしております。

(ブリリアオーナーズクラブ運営室)

Brillia 中古マンションカタログ Brillia 千代田左衛門橋

買い替え・ご売却をお考えの方

このページの先頭へ戻る