PUZZLE ROOM

Menu

プロローグ Prologue

■ストーリー
売れっ子恋愛小説家の白倉ゆきのもとへ、入院した担当者の替わりとして、女性編集者の三田明日香がやってきた。
しかし、実は白倉ゆきの正体は女性ペンネームを使った熊坂大吾という男性で、女性編集者が大の苦手。
しかも恋愛小説家でありながら恋愛経験はゼロ。自分とは性格が正反対の明日香にペースを乱され、動揺する大吾だが、
自由奔放な彼女の振る舞いに次第に惹かれ、小説のモデルにしていた自慢の部屋さえも彼女のために変えていってしまう。
明日香のことで頭がいっぱいになり小説が書けなくなってしまった大吾のとった行動とは…
■古波津 陽(こはつ よう)監督
1973年東京生まれ。
日本映画学校中退後、グラフィックデザイナー、ショートフィルム製作を経て2009年に段ボールで25mの城を建てる戦国武将の物語「築城せよ!」(主演:片岡愛之助)で長編劇場映画デビュー。
密室スリラーの「JUDGE」から、「beポンキッキーズ」などの子供番組、長編ドキュメンタリーやホームドラマ、イリュージョンまで、ジャンルを超えて作品を生み出している。

本編紹介 Movie

  • 引き裂かれたペンネーム
    1話 ★引き裂かれたペンネーム
    怪我で入院中の担当者の変わりに、
    小説家「白倉 ゆき」のもとへ訪れることになった明日香。
    ドアを開けた向こうに待っていたのは、女性ではなく無愛想な男で・・・
  • めまいスイッチ
    2話 ★めまいスイッチ
    当初は奔放な明日香に辟易する大吾であったが、
    気づかぬうちに彼女のペースにはまっていき・・・。
  • 迷子のブルース
    3話 ★迷子のブルース
    いつしか明日香のことが頭から離れなくなってしまった大吾。
    プライベートも小説も迷走してしまい・・・。
  • バラの監獄
    4話 ★バラの監獄
    ついに小説が書けなくなってしまった大吾。
    そんな彼が、とある大胆な行動に出る・・・。
  • 男と女のパズル
    5話 ★男と女のパズル
    引っ越した大吾の居場所を突き止めた明日香。
    部屋・小説・男・女・・・バラバラになったパズルのピースたちは、果たして上手くはまるのか?
  • PUZZLE ROOM
    ★PUZZLE ROOM
    「PUZZLE ROOM(パズルルーム)」を1~5話までまとめた完全版。
    一気に観たい時はコチラ。

出演者紹介 Cast

  • 中田顕史郎(熊坂大吾役)
    1966年生。神戸市出身。解散した劇団「青空美人」の看板俳優。小劇場では数少ない、壮年の主演からバイプレイヤーまでを演じることのできる貴重な俳優。近年の舞台出演作はミナモザ、空想組曲、鵺的、DULL-COLORED POPなど。2016年度のサンモールスタジオ年間最優秀男優賞を受賞。
    また1990年頃からコンテンポラリーダンス作品のドラマターグを担当し、近年は演劇作品のドラマターグも多数担当。中でも、ミナモザの瀬戸山美咲とつくる作品は岸田戯曲賞や読売演劇大賞にノミネートされている。
  • 今村美乃(三田明日香役)
    1987年熊本県熊本市生まれ。4人兄姉の末っ子。高校在学中に、熊本PARCOのポスターモデルを3年間務める。大学進学を機に上京。劇団「新宿梁山泊」を中心に演劇活動を開始。2014年、女優仲間たちと劇団「激嬢ユニットバス」を結成、現在に至る。最近では入江悠監督作「22年目の告白-私が殺人犯です-」や吉田大八監督作「美しい星」など映像作品にも多数出演。
  • 西山聡(山口役)
    身長160センチの小さな体から放たれる小気味いい演技で、子供の無邪気さと男の哀愁を兼ね備え、だれからも愛される小動物のような俳優。演劇ユニットローカルトークスの作・演出を手がけ、男にまつわる重喜劇的な物語を良質なグルーブ感で表現し、ファンを増やしている。最近ではTVドラマ、映画出演の他、ラジオドラマの脚本も執筆。
  • 小野健斗(土方龍二役)
    1989年神奈川県生まれ。2006年「ミュージカル・テニスの王子様」の柳蓮二役で俳優デビュー。NHK大河ドラマ「功名が辻」では徳川頼房役で出演。テレビ朝日系「天装戦隊ゴセイジャー」でハイド・ゴセイブルー役を演じた。最近はミュージカル「薄桜鬼」や「おそ松さんon STAGE~SIX MEN'S SHOW TIME~」、「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域 キャメロット-」、「煉獄に笑う」など舞台を中心に活動を広げ、2017年後半も「K-MISSING KINGS」の公演が控えている。

撮影の舞台 Filming Location

今回撮影の舞台となったのは「Brillia Tower 代々木公園 CLASSY」のモデルルーム。
2つの部屋が物語の鍵を握ります。

ギャラリー Gallery

  • メイキング

  • 予告編

ギャラリー Gallery

「洗練」と「安心」
私たちはこの2つのコンセプトを機軸に、
あらゆる英知と経験をBrilliaというブランドに結実させるべく、
住まいと暮らしについて、さまざまな視点から、さまざまな専門家とともに
研究、議論、検証を繰り返してきました。
その核にあるのは、住まう方の暮らし、そして未来を輝かせたい、
という思いです。