ブリリアラウンジ Brillia LOUNGE リニューアルオープン

Brillia LOUNGE

Brilliaの文化活動支援の一環としてスタートした公募プログラム、 「Brillia ART AWARD 2018」。 入選者の作品がいよいよ展示されました。 第1回の作品は、彫刻家・塩見真由さんによる「What?」に決まりました。

Brillia ART AWARD 2018  No.01

作品・アーティスト紹介


TITLE

What?

CONCEPT

「何だろう?」と何かを見つめている姿を見るという作品です。街で気になるアート作品に出会ったときに、これは何だろうと近づいてみます。そしてスマートフォンで写真を撮る光景を目にします。美術館やギャラリーに訪れてアート作品と対面する際は心構えがありますが、街中で出会うアートあ不意打ちであり突然の出会いです。まずは気になる作品に近づいて立ち止まって見てみるということが、作品と鑑賞者を繋ぐ第一歩であり、最初の窓口だと考えるシンプルなコンセプトに基づいた作品です。

アーティストプロフィール

塩見 真由
Mayu Shiomi

2011年東京造形大学造形学部美術学科彫刻科卒業
2016年愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程美術専攻彫刻領域修了
【受賞】2013年審査員特別賞/TAGBOAT ART FES 2013/東京都産業貿易センター浜松町館(東京) イセ・カルチュラルファンデーション賞/ISE NY Art Search 2013/ISE Cultural Foundation(New York) 2016年 審査員特別賞/Independent TAGBOAT ART FES/浅草橋ヒューリックホール(東京)
【個展】2017年Fresh2017 塩見真由展/伊勢現代美術館(三重)
【グループ展等】六甲ミーツ・アート芸術散歩2017/六甲山頂駅(兵庫) 他多数

「犬」をモチーフにしたダイナミックな作品で、ギャラリーに搬入する際、入り口ギリギリの巨大さにヒヤヒヤ。大人4人がかりで最新の注意を払い、無事に展示することができました。迫力がありながらも、実は犬のぬいぐるみをモチーフにした愛らしい作品です。コンセプトの「What?」と相まって、設置中もたくさんの方が興味深く足を止めてくださいました。


Q:応募のきっかけは?
A:ギャラリーの空間と、以前からあたためていた作品のアイデアがぴったりはまりそうだなと思ったのが応募のきっかけです。

 

Q:どうやって企画を考えたのですか?
A:スタイリッシュな建物と、手跡を感じるアナログな造形とのギャップを軸に考えました。

 

Q:作品に込めた想いを教えてください。
A:何かを見つめる姿を見つめてみる、作品が鑑賞者の鏡となり、記憶や今を見つめるきっかけとなればという想いを込めています。

 

Q:実際に作品を完成させた感想をお聞かせください。
A:多くの人が通ること、昼間は光がたっぷり入り、夜はライトアップされる、さまざまな魅力的な要素があるギャラリーに展示していただいたことにより、改めて造形と空間の妙を感じました。どうもありがとうございました。

ブリリアラウンジとは

ブランドロイヤリティの向上やブランド発信の強化・促進を目的としたスペース。新規物件の契約会・引渡し会のほか、Brilliaオーナーズクラブ会員様向けのイベントを開催するなど、お客様とのコミュニケーションをより深めるための場としても活用しています。

受賞者塩見さん(中央)と 審査員を務めた東京建物の 遠藤氏(右)と萬氏(左)。

ブリリアラウンジの
ご案内

交通

  • JR線「東京」駅徒歩4分(八重洲地下街16番出口より徒歩2分)
  • 東京メトロ銀座線、東西線「日本橋」駅A7出口徒歩1分
  • 東京メトロ東西線「大手町」駅徒歩3分
  • 東京メトロ半蔵門線「三越前」駅徒歩4分

住所

東京都中央区八重洲1−4−16
東京建物八重洲ビル 1F

Rocket Fuel