Brillia NEW LUXURY Award

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルム
フェスティバル&アジア2016は、2016年6月2日(木)〜2016年6月26日(日)まで、
東京(5会場)・横浜(1会場・Brilliaショートショートシアター)を中心に開催
されました。
当社は、本映画祭とのコラボレーション企画で、「Brillia NEW LUXURY Award」を
設定。 ここでは、アワードとして表彰された2つの作品をご紹介いたします。

『Will&Charity』(Vlamyr Vizcaya)

控えめな男・アマドールは、毎日街の人々の欲しい物をメモしては持ち帰り、人々の
手助けをしている。
ある日、アマドールが想いを寄せる女性教師が家の前まで訪ねてきて…

『Another Tea?』(古波津陽)

両手にやけどを負ったおばあちゃんが茶道などほとんど経験の無い孫娘に無理やり
手前をさせるドタバタコメディー。海外から来たVIPを果たしてどこまで
オモテナシできるか…?フォトグラファーの桐島ローランドが撮影を手がける。

【受賞理由】
『Will & Charity』は、「他人のことを思い動く」といった利他的な行動が、幸せを
もたらす 物語、『Another Tea?』は、「茶道」という日本的なテーマの中に、
「本当のおもてなし」が描かれた物語となっています。 2作とも心の豊かさが生み出す
「NEW LUXURY-得がたい心地よさ-」が表現されていることから、
Brilliaのコンセプトと親和性が高くアワードに相応しい作品であると評価し、
『Brillia NEW LUXURY アワード』をお贈りいたしました。
尚、Brillia ブランドのプロモーション映像の制作権については、『Another Tea?』を
監督された、古波津氏に付与することといたしました。