• トップページ > プロジェクトノート > Note_029「オーナーの声を聴く(7)」

Project Note

Bloomoiプロジェクトの活動内容や方針などのプロセスを順次ご紹介していきます。

  1. 働く女性のインサイトを知る
  2. 働く女性の幸せな生き方を想う
  3. 働く女性が咲き誇る暮らしを創る
  4. 働く女性が提案するために動く

オーナーの声を聴く⑦〜ブリリア大井町ザ・レジデンス〜

ブルーモワが商品企画に参画したブリリア大井町ザ・レジデンスが竣工し、それぞれに新しい暮らしがスタートしています。「時短」「癒し」「自分らしさ」をキーワードにして誕生し、アクセスが便利なJR大井町駅から徒歩5分という立地です。今回はキッチンやクロゼットなどブルーモワが提案したモデルルームを気に入ってくださり、同じタイプの住戸を購入されたHさんに実際に住んでみての印象や感想を伺いに訪れました。

モデルルームを見た瞬間に、二人とも一目惚れでした

今回お話をお伺いしたHさん 一目惚れだったというモデルルーム お気に入りの玄関のアクセントタイル

もうすぐ新しい家族を迎えるHさん夫妻。以前はご主人の仕事場への通勤アクセスから文京区にお住まいでしたが、マイホームを持つなら「大井町」が穴場と考えていたそうです。「交通のアクセスがいいのに街もきれい。私の実家も近いので子どもを育てるのにもいい環境だと思いました」。そんなHさん夫妻が住まい探しを始めて最初に出会ったのがブリリア大井町ザ・レジデンスだったそう。「実は私も夫もこのマンションのモデルルームに一目惚れをしてしまい、他の物件を見ずに決めてしまったんですよ」とのこと。

その理由を伺ってみると「モデルルームに入った瞬間、その空間のカッコ良さに感動しました。玄関と洗面化粧台のアクセントタイルや主寝室のアクセントクロスも、自分たちではなかなか思いつきませんが、こんな使い方もあるのかと瞬時に気に入りました」と間取りも設備もインテリアスタイルも、ほぼモデルルームと同じものを選ばれたそうです。「暮らし始めてから、はじめて友人を招いたときも『カッコイイ!』と言ってくれました。同じ感想を持ってくれたことに喜びを感じました」。特に玄関と洗面化粧台のアクセントタイルはお気に入りとのことです。

女性が企画したマンションの“住み心地の良さ”を実感

ブルーモワのコンセプトにも共感 洗面化粧台のタイルもインテリアにマッチ キッチンは片付けやすい、使いやすいと好評

クロゼットやキッチンなど使い勝手についても伺ってみました。「私は片付けが苦手なのですが、この住まいは簡単に片づけられるのが気に入っています」。新居のために収納家具をわざわざ買う必要がなかったそうです。「最初はブルーモワスペースも棚や仕切りのないフリースペースにしようと思っていましたが、途中でスタイルクロゼットにして正解でした。収納が充実していると部屋がすっきりして広く使えます」とのこと。
ブルーモワスタイルの洗面化粧台について「洗面台のボウルの横にスペースがあるって、ちょっと一時置きができるのが便利」「洗濯機の横にある収納棚や扉の近くの小さな収納も使いやすい。必要なものを必要な場所に収納できる工夫は、やはり女性が企画しているからなんだなと住んでみて改めて感じています」と作り手の私たちの想いが届いていて嬉しく感じました。玄関にベビーカーが置けるスペースが確保されているのも満足だそう。またキッチンは大容量のカップボードや立体シンクのあるテキパキスタイルを選ばれ「ペーパータオルが簡単に出せるマルチハンガー吊り戸が気に入っています。散らかりがちなキッチンもすっきりと片付くのでうれしいです」とセレクトされた商品がご自身のライフスタイルにぴったりマッチしたそうです。これから子育てを経験されるHさんにとって、子育てママの意見が随所に反映されていることを実感していただけたようです。

「いい家だな」と毎日家に帰ってくるたびに夫がつぶやいています

インテリアへのこだわりはご主人の方が強かったそうです。「インテリアスタイルのセレクトも豊富に用意してくれていたので、自分たちならではの空間にこだわることができました」。モデルルームが気に入っていたので、そのスタイルを基準にオリジナリティを出したそうです。「結婚式の準備をしているときを思い出しました。一つひとつ、2人で考えながら選んでいく過程がとても楽しかったです。自分たちの住まいに対して愛着が持てます」

室内に置かれた家具もインテリアスタイルに合ったものがセレクトされていました。「実は、ほとんどの家具をブリリアの提携ショップのものから選んだんですよ。オーナーズクラブの特典を利用して購入できたので得をした気分です」。ダイニングセットやリビングの棚も色調がぴったりと合って、落ち着く空間になっています。「夫は毎日帰って来るたびに『いい家だな』とつぶやいています(笑)」。仕事で多忙なご主人にとっても、マイホームが心落ち着く癒しの空間になっているようでした。

facebook
  • 東京建物
  • Brillia
  • Copyright © Tokyo Tatemono Co.,Ltd. All Rights Reserved.